包茎手術の流れ

カウンセリング

電話またはメールでカウンセリングの予約

横浜の専門クリニックで包茎手術を受ける場合は、カウンセリングの予約を行ないます。電話で予約することも可能ですが、専門クリニックのホームページから行なえるところもあります。無料でカウンセリングをしている専門クリニックが多いですが、中には有料のところもあるので予約する際に確認しておくと安心でしょう。予約当日に来院をしたら、受付をして、カウンセリングで使用するカルテに必要な情報を記入して自分の症状を伝えます。ちなみにクリニックで気にされるのは「プライバシー」の観点ですが、最近のクリニックは患者同士が鉢合わせしないように配慮してくれているので、プライベートな悩みでも安心して打ち明けることができます。

専門カウンセラーによるカウンセリング

カウンセリングでは、専門カウンセラーから、手術当日の流れについて説明を受けます。施術について疑問に思うことがあるなら、この時にしっかり聞いておいたほうが良いでしょう。また、最終的な手術内容と手術費用の総額を確認しておくことがポイント。包茎手術はどの治療方法を選ぶかで、手術や治療にかかる費用が変わります。また、包茎の状態によって健康保険の適用が受けられて自費負担が少なくなることがあります。適正な治療費用を支払うことを考えて、先に疑問点や不安点を確認しておくのが失敗をしないコツです。

包茎手術のことで気になるQ&A

包茎手術をしたら傷跡は目立ちますか?

「包茎手術をしたいけど、傷跡で知られるのが嫌だ」と思う男性はたくさんいます。一昔前の医療技術では、傷跡が目立つ手術がほとんどでした。しかし今では医療技術が進化し、技術力が高い医師に執刀してもらえば全く傷跡がわからないようにすることが可能です。

包茎手術後も性交することは可能ですか?

一般的な包茎手術では、余った包皮を切除します。そのためペニスが傷ついている状態なので、しばらくの間は性交できません。手術方法によって異なりますが、大体1ヶ月程度は、性交も自慰も避けたほうが良いです。これを守らずに性交や自慰をしてしまうと、傷口に菌が入り感染症を起こすリスクがあるので注意しましょう。